忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/12 22:58 】 |
2月の新入荷商品
 
1枚目~ 左より
 
 ◎醸し人九平次  吟醸 山田錦  (愛知)

 かもしびとくへいじと読みます。 
 パリの三ツ星レストランのワインリストに唯一載っている日本酒だそうです
 吟醸酒のいい香りがします。 


 ◎ 東一  吟醸  山田錦  (佐賀)

 あづまいちと読みます。
 九平次と同じ山田錦の吟醸を仕入れてみたので飲み比べてみたらいかがでしょう。  まだ俺も飲んでませんが。

 ◎ みやさか  やわらか純米  (諏訪)

 普通の日本酒が14~15度前後ですが、このみやさかは12度と度数も低めなので飲みやすいタイプですね。  けっこうみやさかは好きなんです。


 写真2枚目~

 ◎東一  黒糖梅酒 ♯ディエシス 

 ディエシスとは 半音高くの意味だそうです。
 黒糖の香りも味が強く、黒糖苦手な人には厳しいかもですが、甘すぎない甘さです。 

 ◎東一  紫蘇梅酒 bベモーレ

 ベモーレとは 半音低くの意味だそうです。
 紫蘇のいい香りと飲み口の良さがうりですね。 色もきれいです

 この2点はいま梅酒いっぱいありすぎて書くスペースが無いのでとりあえず 裏メニューにしときます。


 写真三枚目 

 ◎八岐の梅酒 古城梅 
 
 八岐の梅酒は南高梅で作られているんですが、その古城梅バージョンです。
 ごじろ梅と読みます。 この古城梅は和歌山でも南高梅の生産に押され、絶滅寸前の梅となっているもようです。  
 味はかなり酸味がつよいですね。 甘いのよりすっぱい梅酒好きな方におすすめです。 

 ◎じゃばら酒 
 
 邪払と書きます。 じゃばらとは和歌山県の北山村でしか生産されていない幻の柑橘です。 説明には柚子とグレープフルーツを合わせたような・・・とかいてあり、 瓶にはポンカンでもない、カボスでもない・・・ とかいてある謎の柑橘です。。。  こちらも酸味が強く、なかなかおいしいです。 じゃばらは花粉症にもきくらしいですよ~  1本しかないので飲んでみたい方はおはやめにぃ

拍手[0回]

PR
【2008/02/05 05:16 】 | お酒情報 | 有り難いご意見(3) | トラックバック(0)
<<ASIAN2 | ホーム | 1月の新入荷商品情報>>
有り難いご意見
すごいね!
某全国居酒屋で一緒に働いた旧五味です!お久しぶりです。NAO見たよ。開店おめでとう!今度、顔出します。しかし、驚いたのはこのブログ。すごいね~。店・ブログ共、益々のご発展を!
【2008/02/09 13:34】| | ごま #29505794de [ 編集 ]


無題
おぉ、旧五味さんお久しぶりですねぇ、松本某いざよいで逢ったいらいですね。 
けっこうNAO見てくれてる人いるんですねぇ 豊科ですがまた顔だしてくださいませ。 某ぽっちゃりおっちーも豊科で焼き鳥屋やってますよぉ~ MIXIやってたら見てみてくださいね。 
 
【2008/02/10 03:31】| | ともた #99d87bfa91 [ 編集 ]


おっちーも!?
某いざよいではありがとう。しかし某ぽっちゃりおっちーがブログ!?驚きです。二人共、お店持つなんて、すごいね。豊科、行きますね。

【2008/02/11 22:48】| | ごま #295057ac90 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]