忍者ブログ
  • 2017.05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.07
雪が降り積もり鶴も折り終わりそんな木曜日 
毎年この時期こんな時にやるのは確定申告の書類つくりか、去年読んだ本のおすすめベスト10

去年読んだ45冊の本から面白かった本、おすすめ本を10冊を書き綴ってまいります。 
 
 



番外11位には 「色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年」 村上春樹 



村上春樹作品はとっつきにくいイメージがあって、30歳までは敬遠してたんですが、大人になってあの表現力には圧倒されます。 ただ、万人受けとは思えないのでランク圏外に。。


色を持たない多崎つくるくん36歳の過去の悲しい出来事の訳を紐解いていくようなお話
松本市もちょこっと出てきます 


「たとえ君が空っぽの容器だとしても、それでいいじゃない。」「もしそうだとしても、君はとても素敵な、心を惹かれる容器だよ」は名言





10位  首折り男のための協奏曲   伊坂幸太郎



帯には 贅沢すぎる連作集! と。
バラバラに掲載された短編なのに、ちょっと手を加えてそれぞれどっかでリンクしてる
伊坂幸太郎らしい一冊でした




9位聖なる怠け者の冒険  森見登美彦 

 本屋大賞9位作品
お得意の京都でのお話  (森見さんは京都大学卒です)

京都に現れる正義の味方?ぽんぽこ仮面と
祇園祭の山鉾巡行を翌日に控えた土曜日の物語  

主人公の小和田くんはなによりもぐうたらするのが 大好きなのにもかかわらず、
なぜか『ぽんぽこ仮面』から後継者になれと迫られる。


ぽんぽこ仮面を追う謎の組織、
ぽんぽこ仮面を捕獲するように依頼された探偵、

小和田くんの先輩・恩田さんとその彼女の桃木さん。
様々な登場人物が京都の町を無尽に交差する。


なむなむ は万能なお参りの呪文とは勉強になりました。





8位 デビクロ君の恋と魔法   中村航 


安定の中村航クオリティ    

クリスマスのお話なのでその頃読むのがおすすめです。

映画化ありきで書いた小説らしいので、映画化の主人公の 嵐 相葉君は小説の主人公とぴったり
いや、相葉君をイメージして書いたならそれはそうかと。




7位 芸人交換日記 イエローハーツの物語    鈴木おさむ


 
芸歴11年の同級生同士のコンビの交換日記のおはなし。

字数も少なくさくさく読めちゃうのであんまり本読まない人に読ませたい本かな

後半はちょっと泣けちゃいました、 これは映画のほうが泣けちゃうかもなぁ

夢をあきらめるのも才能
.





6位  空飛ぶ広報室     有川浩 

  
事故でパイロットから自衛隊広報に配属された主人公 空井と
TV局の報道から外され、自衛隊広報室の取材をするリカのお話

これもドラマ化してますね、見てないけど



自衛隊三部作書いてる有川さんに 自衛隊広報室の人がぜひ書いてみませんかとプレゼンしたことから始まった小説らしいです

やるな、広報室!!





また、暇な日につづく



拍手[2回]

PR
【2015/01/15 20:35 】 | 読書感想文 | 有り難いご意見(0)
<<1月の新入荷 その2 | ホーム | 新年最初の新入荷 >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]