忍者ブログ
  • 2017.05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.07
村上春樹と東野圭吾

アフターダーク  村上春樹
 村上春樹はとっつきにくいと有名で、敬遠してたんですが、「海辺のカフカ」を読んで結構いけそうだと借りてみましたが、やはりちょっと難解テイストでした。。。  第三者的な目線で見ている何か。 そして朝に向かってくれていく深夜、 そこにそれぞれ思いを抱えている人たち。 最後まで謎が残り賛否両論でしょうね。 おれはいまいちすっきりせずです。


探偵の掟  東野圭吾
  定番の推理物のトリックをチャカすというか皮肉るような作品です。 なかなかみかたによっておもしろいとおもいますよ。
 しかし、こんなユーモア圭吾よりはシリアス圭吾小説のほうがおれは好きですね。 

拍手[0回]

PR
【2007/10/03 03:35 】 | 本の話 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<Lady Go 桂 望実 | ホーム | 2冊よみおわりぃ~>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]